売れるキャッチコピー / セールス文章の書き方

売上をアップのためのキャッチコピーとセール文章の書き方をご紹介致します。

あなたのお客さんを明確にするリサーチ法とは?

市場リサーチ

あなたのお客さんを明確にするためのリサーチ法には

・オンラインでできるリサーチ
・オフラインでできるリサーチ
・オンラインでもオフラインでもできるリサーチがあります。

オンラインとオフラインの両方を行うのが理想ですが
私は面倒くさがりなので基本オンラインのみです(^^;

まずは、オンラインのリサーチ法からご紹介します。

***********************************
お客さんを明確にするリサーチ法
***********************************

1.教えてgoo!、Yahoo!知恵袋で調べる

インターネット上には教えてgoo!、Yahoo!知恵袋などには
お客さんになりうる人の悩みがたくさん掲載されています。

ここで、あなたの商品に関連するキーワードで検索すると
たくさんの悩みが検索できます。

スポンサードリンク

その検索結果から、

年齢や性別などを推測したり、

悩みを抱えている人がどのような
キーワードを使って話しているのか?

など、悩みと回答を1つ1つ丁寧に見ていきます。

教えてgoo!、Yahoo!知恵袋はとくにおすすめです。

ここまで大規模に、そして無料で人の悩みが分かるサイトはありません。

最初のとりかかりとしても、非常に使えるサイトです。

2.アマゾンや楽天のレビューをみる

アマゾンや楽天などの有名なショッピングモールには
沢山の商品が販売されています。

そして、そのそれぞれの商品にレビューがつていますよね。

このレビューもお客さんの悩みを知る上で重宝します。

3.商品、サービス購入者に直接聞く

もし、すでにあなたが何らかのビジネスを始められいて
商品購入者がいるのであれば、ぜひ実践していただきたい方法です。

商品やサービスによって出来る場合と
そうでない場合があるとは思いますが有効な方法です。

購入者に直接聞くのが、一番の近道です。

買う前にどんな悩みを持っていのか?
どうして商品を購入する気になったのか?

など、いろいろ聞いてみて下さい。

スポンサードリンク

 

あなたが思っていたこととは、まったく異なる視点で
答えを出してくれる人がたくさん現れます。

具体的な方法は

●直接お会いして聞く
●電話で聞く
●メールで聞く
●アンケートに答えてもらう

上から順に答えてくれる回答率が下がります。

お会いして、聞けば何かしらの答えを聞けると思います。

電話でも同じだと思いますが、直接会うよりは
言葉と感情を口調からしか読み取れません。

メールでは、スルーされてしまう可能性が高いです。

アンケートも、セミナーを開催した時や商品に同封する
メールでお願いするなどの方法がありますが

いずれも、回収率を高める工夫が大切となります。

このようにして、リサーチを続けていくと
共通する単語や悩みが出てくきます。

あなたが、本当にターゲットとするべき
お客さんの悩みが明確になります。

これが、ターゲットを絞るという作業になります。

お客さんが明確になりさえすれば、

その悩みを抱えたお客さんに対して
よりよいアプローチ方法を考えてましょう。

スポンサードリンク

 

About

View all posts by
dummy dummy dummy