売れるキャッチコピー / セールス文章の書き方

売上をアップのためのキャッチコピーとセール文章の書き方をご紹介致します。

コンセプトを考える:USP

img_048

あなたが、商品を購入した時のことを思いだしてみて下さい。

どこで買いましたか?

・ネットショップでしょうか?
・実店舗でしょうか?

なぜ、そのお店で買ったのでしょうか?

・価格が安かったからからでしょうか?
・特典があったからでしょうか?
・そこの店でしか売っていないからでしょうか?
・ポイントが付くからでしょうか?
・何か他の買い物のついでだったのでしょうか?
・店員さんと仲が良かったからでしょうか?

この様に商品購入には、何らかの理由がありますし
何らかの悩みの解決のためになされます。

その悩みの解決法は1つではありません。

類似する商品はサービスがたくさんあります。

スポンサードリンク

また、その商品、サービスを販売する
お店もたくさんあります。

類似商品が多数あり、それを販売するお店もたくさんある中で
なぜ、あなたは“そのお店で買ったのか?

このことがUSPを考える上で大切です。

インターネット上のサイトや書籍などでは
小難しく解説されていることもありますが、

あなたが、自分の商品のUSPを考える場合は
たった1つのことを考えればいいだけです。

なぜ、お客さんは“あなたから”商品を購入しなければならないのか?

これだけです。

類似商品や、場合によっては同じ商品であっても

お客さんが競合他社からではなく
あなたから商品を購入する理由です。

ここでも、リサーチの内容が大切になります。

どんなお客さんに対して
どんな商品を提供しているのか?

ということを明確にすることで
どのように訴求すればいいのかがわかります。

とくに、どんな商品を提供するのか?

この点を考えると、お客さんにとって強烈なベネフィットとなるももを
USPになりえる場合もあります。

スポンサードリンク

About

View all posts by
dummy dummy dummy